知ってりゃトクする事ばかり

知ってると知らないとじゃ大違い!オトクな情報が盛りだくさんなブログ・・・にしたいな(笑)

ChromebookのおすすめはCloudReadyでカンタン無料自作だねw(インストールUSB作成編)

こんちくわ あ゛じです。

画像が多いのでギガ死注意!

って、開いてからじゃ遅いと思うケドw

あと、やたら長いんで、興味のない人はここでさようなら~w

Chromebookを自作してみた

Chromebookって知ってますか?

カンタンに言えばGoogleが出してるOS(パソコン)ですね。

結構安いし、どんなのかなぁ~って少し興味があったんですが、「Chromium OS」というOSの無料版があって、これを自分でインストールすればChromebookの出来上がり!というのを最近知ったんです。

 

なので今回は試しにChromebookを自作してみました。

(自作っていうのかな?w)

途中でなぜかうまくいかなかったり、固定IPという環境だったので設定に苦労したりという、トラブルの対処についても書いていくので、これからチャレンジする人の参考になればと思います。

 

大まかな流れとしては、

1.Chromium OSが入ったUSBメモリーを作成。

2.そのUSBメモリーからパソコンを起動し、Chromium OSの動作確認。

3.気に入ったら本格的にパソコンにインストール。

 

このUSBメモリーから起動すれば、Chromium OSをパソコンにインストールしなくてもChromebookとして使えます。

なので、今、使っているパソコンの中身を消さなくても、Chromebookとしての動作確認が出来るんですね。

ちなみにワタクシ、完結まで3~4時間はかかったと思いますが、この記事を見ながらやれば、最短30分でChromebookが出来上がると思いますw

準備するもの

・使わなくなったPC

(お試しでUSBメモリーだけ作りたいって人は不要です)

かなり非力なPCでも大丈夫だと思います。

(デスクトップでも可のハズ)

オレが用意したのは期限切れVistaが入っていたVostro 1510。

倉庫で眠ってました。

古いケド外観がキレイで、勿体無いなぁ~って思ってたんですよね。

f:id:tokushitai:20171212140614j:plain

スペックはCore2Duo メモリ4Gで、Win7でも動くんだろうけど、ちょっと非力かな。

 

・USBメモリー(8Gまたは16G)

なんとなく8G以上あればイケそうな気がしますが、そう指定されてます。

あと、Sandiskは推奨しないそうですw

オレは一応、16Gを用意しました。

f:id:tokushitai:20171212141847j:plain

この前のAmazonセールで900円くらいだったかな?

 

準備するのはこれだけです。

それでは作業に取り掛かりましょう!

CloudReady(Chromium OS)の入手

Chromium OSのインストールUSBを作るため、以下のページからCloudReadyを手に入れます。

www.neverware.com

 

ページ下部にリンクがあるので、赤枠をクリックします。

f:id:tokushitai:20171212144125g:plain

 

開いたページでは、今、使っているOSによってダウンロードリンクが分けられています。

で、Winなので上部の「DOWNLOAD USB MAKER」からダウンロードしてインストールUSBを作ろうとしましたが、3度やってもうまくいきませんでした。

なので今回は、「DOWNLOAD 64-BIT」からZIPファイルをダウンロードして対処しました。

f:id:tokushitai:20171212144835g:plain

なぜ、うまくいかなかったかは分かりません。

何かしらUSBメモリーに作られてはいるようですが、それを利用して後に説明するブートをしようとしても立ち上がりませんでした。

そもそも、DOWNLOAD USB MAKERでインストールUSBを作成している時、作成完了時にUSBメモリーをフォーマットする画面が立ち上がるんですよ。

この時点でなんか、ざわざわ・・・なんですよねw

 

「DOWNLOAD 64-BIT」と「DOWNLOAD 32-BIT」の違いは、PCの製造が2007年以降だったら64-BIT、前だったら32-BITのようです。

 

そんなワケでこれからの説明は「DOWNLOAD 64-BIT(32-BIT)」でダウンロードした場合になります。

同じ目に遭いたくなければ、最初からこっちでやるのが良いかも・・・?

インストールUSBの作成

f:id:tokushitai:20171212151510j:plain

「cloudready-free-60.3.54-64-bit.bin」(数字はバージョンで変わります)がダウンロードされたらこれでインストールUSBを作るワケですが、インストールはChromeのアプリ、「Chromebook リカバリ ユーティリティ」で行います。

なので、Chromeが入ってない場合にはChromeをインストールして、このアプリも入れなければなりません。

Chromeインストール

Chromebook リカバリ ユーティリティ

f:id:tokushitai:20171212152717j:plain

Chromeで上記リンクを開いて、右上にあるこのボタンを押せばアプリが追加されます。

 

アプリが追加されたら、インストールUSBを作りましょう!

USBメモリーをパソコンに差し込んで、認識させておきます。

 

f:id:tokushitai:20171212154143j:plain

「Chromebook リカバリ ユーティリティ」をクリックします。

f:id:tokushitai:20171212154204j:plain

 

ローカルイメージを使用を選びます。

(さっきの「cloudready-free-60.3.54-64-bit.bin」を選択)

f:id:tokushitai:20171212154641j:plain

使用するメディアを確認して次へ。

f:id:tokushitai:20171212154733j:plain

 

USBメモリー内のデータは全部削除されます。

f:id:tokushitai:20171212154822j:plain

 

作成は15分くらいかかりました。%の表示がワケわかりませんねw

f:id:tokushitai:20171212155115j:plain

 

完成です!

f:id:tokushitai:20171212155312j:plain

 

ここまで来れば、普通の人は終ったも同然です。

ただ、ワタクシの場合、固定IP環境ということもあり、設定にムチャクチャ苦労しました(汗)

まだまだ長くなりそうなんで、一旦ここで終わってページを分けます。

 

続編はこちら

www.tokushitai.com

Pechat(ペチャット) ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー【英語にも対応】

Pechat(ペチャット) ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型スピーカー【英語にも対応】