読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってりゃトクする事ばかり

知ってると知らないとじゃ大違い!オトクな情報が盛りだくさんなブログ・・・にしたいな(笑)

エクセルは友達!エクセルのマクロ作成はカンタンだよ!

f:id:tokushitai:20160629104520j:plain

こんちくわ あ゛じです。

エクセルのパワーはスゴイ

エクセルを使った仕事をする職場って多いと思います。
実績をデータとして保存したり、計算して表を作ったり・・・。

ウチの会社でも多くの人がそんな使い方をしているんですが、ほとんどの人がエクセルのパワーを生かしてません。


例えば、他の人が30分かかってエクセルで実績表を作ったとしたら、オレだったら同じのを5秒で作れたりします。
(他の人のレベルが異常に低いこともあるがw)


これ、マジです。

しかも正確!

 

だからさっさと仕事を終わらせて帰れます。
残業なんて滅多にしませんw


なんでかっていうと、マクロ(VBA)を使えるからです。


あ~、なんか聞いたことあるけど、そんなプログラム作れないよ。

ネットで調べても、難しくてわかんないし・・・。


そう思って敬遠している人、多いかと。

でもね、以外とカンタンに出来ちゃったりするんですよ。


で、今日はマクロのすばらしさを知ってもらうため、誰でも出来る「記録マクロ」を紹介します。


ホント、すぐ終わるから。

ちょっとだけ、ね!?

いいでしょ!?
(ラブホ前の攻防か?w)

記録マクロを作ってみる

記録マクロって何?というと、録画みたいなもんです。

スタートしてからストップするまでにやった、エクセルの操作を記録出来るんです。

 

だから、同じ操作を繰り返すような場合、記録したマクロを実行(再生)するだけで、作業が完了しちゃうんです。

 

それでは、いってみよ!

※セキュリティの警告が出た場合はマクロを有効にします。

 

新規でエクセルを立ち上げたら、リボンの表示にある「マクロ」から「マクロの記録」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160928160156j:plain

 

するとこんなボックスが出ます。

f:id:tokushitai:20160928160241j:plain

マクロ名を好きなように変えられるんだけど、今回は練習なので、そのまま「OK」をクリックします。

 

さぁ、記録が始まりました!

ここから先、操作した内容がすべて記録されます。

 

シートにこんなふうに入力してみましょう。

f:id:tokushitai:20160928160355j:plain

内容に意味はありません。

たまたま思いついただけですw

(ちなみに食べるオカズじゃなかったり・・・)

 

次にD1のセルに、=A1&A2&A3(すべて半角)と入れてみます。

f:id:tokushitai:20160928160750j:plain

 

するとA列に入れた文字が合体されて、D1に表示されますね!

f:id:tokushitai:20160928160848j:plain

 

ここまでやったら、記録をストップしましょう。

最初のスタート時にクリックした「マクロ」から「記録終了」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160928161227j:plain

これで完了です!

 

では、どんなもんだかマクロを使ってみましょう!

いったん、シートに入力した文字や数式を全部クリアします。

f:id:tokushitai:20160928161420j:plain

クリアしまーす!

 

f:id:tokushitai:20160928161435j:plain

まっさらになりましたね!

 

では、マクロを使ってみます。

記録に使用したマクロのボタンから、「マクロの表示」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160928161624j:plain

 

するとボックスが表示されます。

f:id:tokushitai:20160928161839j:plain

さっき記録した、Macro1が登録されていますね!

「実行」のボタンをクリックします。

 

一瞬で、さっき入力した内容が表示されました!

f:id:tokushitai:20160928160848j:plain

 

D1のセルには、ちゃんと数式も入っています。

f:id:tokushitai:20160928162109j:plain

 

これが記録マクロです。

このままエクセルを保存すれば、いつでもこのマクロを使えますね。

 

ちなみに、どんなコード内容なのかを知るには、「マクロの表示」で出たボックスで、「編集」をクリックします。

f:id:tokushitai:20160928162718j:plain

 

すると、こんなカンジでコードが表示されます。

f:id:tokushitai:20160928162737j:plain

Range とか、Selectとか、なんとなく意味が分かりません?

 

 

おつです!!!

はじめの一歩はこんなもん

やたら画像が多いんで長いように感じますが、やったことは大したことないハズです。

 

今回の例は実戦には直接使えないけど、この操作に慣れてしまえば、色々な記録マクロを作って使用出来るでしょう。

 

普段やっている操作をする時に、とりあえず記録をしてみて、動作を確認するといいかもですね。

(念のため、コピーファイル推奨)

 

そこでコツをつかんだら、もう、楽しくて仕方なくなると思いますよ!

(早く帰れるしw)

 

すると記録マクロでは出来ないこととか分かってきますが、そこまでいけば、そういう壁を乗り越えられると思います。

速さ、正確さのありがたさを実感しますからね。

 

 

説明がヘタで申し訳ないんだけど、ちょっとでも興味をもってくれる人がいたら良いなぁ~。

たった1日で即戦力になるExcelの教科書

たった1日で即戦力になるExcelの教科書