読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ってりゃトクする事ばかり

知ってると知らないとじゃ大違い!オトクな情報が盛りだくさんなブログ・・・にしたいな(笑)

迷惑メール対策 iphoneやドコモやau、Softbankなどスマートフォンでも効果あり

f:id:tokushitai:20160627132122j:plain

相変わらず、迷惑メールが猛威をふるってますね。

 

最近は行政や大手企業がメール(添付)を開いてウイルス感染。情報流出!なんてニュースをよく見かけます。

(これは迷惑メールっては言わないのかな?)

 

ちょっと前の話ですが、迷惑メールをバラまいて、数千万円の利益を得ていたとかテレビでやってました。

スゴイ金額ですよね。

オレもやろうかな?なんて思ったり・・・w

 

メールの一斉配信なんて仕組みを作るのそんなに難しくないし、メアド収集だってその気になればツール使ったりして結構カンタンに出来るんですよね。

大手企業に勤めている人の会社で使用しているメアドも、だいたい法則化されているんで、容易に推測出来ます。

 

って、迷惑メールを配信したい気にさせてどうすんだ(笑)

やっちゃダメですよ。

ダメ!絶対!

 

えっと、そんなカンタンに配信出来てしまう迷惑メール対策のお話ですw

 

手っ取り早いのが、以下の指定アドレスにメールを転送することです。

 

www.dekyo.or.jp

パソコンのメールでもスマホのメールでも対応しています。

 

これ、私もやってみましたが、確実に効果があります。

がんばってくれてるんですね。どういうことをしているのか知らんケドw

 

転送してちょっとすると、そこからの迷惑メールが来なくなります。

しつこくアドレスを変えて(たぶん同じところ)送ってくるところもありますけどね。

 

もっと確実に迷惑メールをシャットアウトしたい!ってことならパソコンの場合、こんな裏技があります。

(スマホ(docomo、au、softbank)のキャリアメールは調べて無いんで今回は対象外で)。

 

普通、メールは契約しているプロバイダのサーバーに入って、パソコンのメーラーで、そのメールを引っ張ってくるんです。

 

プロバイダ----パソコン

 

裏技は、その間にGmail(Googleですね)を入れて経由させます。

 

プロバイダ---Gmail---パソコン

 

こうすると、Gmailが迷惑メールを判別して、パソコンまで届かないようにしてくれます。

 

Gmailは世界一の迷惑メール判別機能を持っていますから、ほぼ100%シャットアウトしてくれます。

タマに漏れますが。

 

設定方法は長くなるので今回は省略しますが、これは効果バツグンです。

 

また、こうすることで、違う利点もあります。

 

・メールのバックアップ不要

例えば新しいパソコンに変更するとき、以前のメールも残しておきたい場合、データを抽出して、移動するっていう作業が必要になりますが、それが不要です。

Gmailに送受信メールすべて蓄積されています。

急にパソコンが壊れて、データ取得不能って時でも、Gmailにメールは残っているので安心です。

 

・他のパソコンやスマホなどからメールの送受信が可能

Gmailにアクセス出来れば、ウェブ上からそのアドレスでメールの送受信が出来ます。

 

転送の設定でも似たようなカンジになりますが、やったことがある人は分かると思いますが、転送では不便です。

・そのまま返信出来ない(転送元の自分のアドレスに返信されてしまう)

・メーラーに設定していた場合、パソコンの電源が入っていないと転送されない

 

 

とても便利で快適なこの裏技ですが、実は困ったことが2点あります。

 

1.新着メールを取りに行く間隔を設定出来ない

メーラーの場合、新着メールを確認に行く時間を設定出来て、更に手動でクリックすれば、新着メールを確認出来ます。

しかしGmailの場合、プロバイダへの確認間隔を設定出来ないんです(有料版は可能かな?)。

長いときは1時間くらい新着を見に行きません。

手動で確認は出来ますが、ログインして、確認するのは結構面倒です。

 

「今、メール送ったんだけどちょっと見てくれるぅ?」

そう言って私のところにくる人がタマに社内にいるんですが、「遠いからまだ届かないよ」と返事してますw

 

2.本当のアドレスはGmailで送信するので、セキュリティによっては届かない

プロバイダとの間にGmailを入れた場合、メーラーからメールを送信すると、Gmailが相手に送信します。プロバイダを通さないんですね。

Gmailの場合、ドメインは@gmail.comですからメールのアドレスもそうなってしまうんですが、偽装出来ます。

例えば会社で使っているメールのドメインが@ahaha.co.jpだった場合、そのドメインに偽装してメールを送れるんです。

ただ、相手のセキュリティが厳しい場合(Gmailを拒否設定、偽装メールを拒否等)、はじかれてしまってメールが相手に届きません。

しかもエラーもなにも返ってこないので、送信者も届いたかどうか分からないんです。

メールで用件を伝えたつもりでいたけど、伝わっていなかった!なんて事が起こる可能性があります。

これは危険です。

一応、私はこの設定で誰もが知っている大手企業を含め数百社にメールを送っていますが、届かなかったのは2社だけです。

1社はまったく届かずで、Gmailの拒否を外してもらってから普通にやりとり出来ています。

もう1社は、怪しいメールがこの人から届いてますよ~とシステムから相手に案内が届いたみたいで、相手から連絡がありましたw

 

これはどうしようもない部分なので、その人の環境によって、どうするか判断するしかないですね(送信だけプロバイダ経由でするとか)。

 

 

いやぁ~こんなつもりじゃなかったのに長々と書いてしまいました(汗)

 

でわ~